八坂神社のこいのぼり


京都一有名な神社、八坂神社では、こいのぼりが泳いでいました。
今日は端午祭で、こいのぼりはボーイスカウト・ガールスカウトによって奉納されたものです。小さなこいのぼりが何十匹も連なって、本殿の横を泳いでいました。鯉の短冊を参拝者が奉納する行事も行われたそうです。境内では、ボーイスカウトたちがコマを回して遊んでいました。
こいのぼりは、鯉の滝登りの故事から子どもの立身出世を願うものですが、京都市街地ではほとんど見かけません。広いお庭を持つ家が少ないのもあるとは思いますが、一説には、端午の節句は関東を中心とした武家の風習として江戸時代に広まったもので、公家文化が中心の京都では根付かなかったと言われています。近年特に見かけないのは、都市化の影響も大きいでしょう。

より大きな地図で 八坂神社のこいのぼり を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です