八坂神社の長刀鉾


今日7月1日は祇園祭の吉符入り。だいたい5日頃にかけて各山鉾町では関係者が町会所に集い、祭神を祀って祭りの無事を祈願します。長刀鉾では、お千度と呼ばれる、八坂神社への稚児社参の行事も行われます。その八坂神社に小さな長刀鉾が置かれています。
場所は、西門から入って本殿へ行く途中の北向蛭子神社にあります。立派な石像です。
明日には巡行のくじ取り式と、山鉾町の八坂神社社参が行われます。いよいよお祭りに向けて雰囲気が盛り上がっていきます。
なお「お千度」とは千日ないし千回参詣することですが、実際には本殿を右回りに3周して完了します。これは、禿(かむろ)などお伴の方の参拝も合わせて千回分になるところから来ています。なかなか面白い考え方ですね。お稚児さんの参詣は、四条通に面した西門からではなく、正門である「南門」から行われます。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として9年目。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。散策メニューはこちらから

より大きな地図で 八坂神社の長刀鉾 を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です