五山の送り火を全て見られる場所!?


さて、8月に行われた五山の送り火。今さらですが、実は!五山の送り火をいつでも6つ全て見られる場所があるのです。

はい。もうお気づきかと思いますが、その場所で見られるのは「本物」ではなく壁画です。場所は、二条駅の近く、押小路千本の交差点にある中京中学校。しかし見事な絵だと毎度前を通るたびに思います。壁画は「五山やすらぎの炎」と題され、平成11年の文化祭で作られたものだそうです。他にも京都の祭りや名所の壁画もあります。

また、千本通側には昨年、石庭が整備されました。垣根は金閣寺垣や建仁寺垣など4種類が見られ、石の配置は豊かな心を持って成長してくれることを願って「心」の文字になっています。こうして道路からも見られる場所にある作品は、学校を卒業してからも当時を思い出すことができて、いいものだと思います。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として9年目。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。散策メニューはこちらから

より大きな地図で 送り火が全て見える場所!? を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です