今宮神社の気まぐれ紅葉


本日お昼前後には国民文化祭のオープニングパレードが盛大に行われました。あまりのすごさにとっても感動しました~!その様子は明日のブログで更新予定。さて、午後にはらくたびさんのツアーに参加して、洛北を散策。今宮神社では既に色づき始めている木も見られました。

今宮神社は厄除けの神社で知られています。秋はあぶり餅のお店が並ぶ東門付近が、紅葉の撮影スポットです。そちらはまだ青いのですが、境内の中には色づいている木もありました。紅葉は日当たりのよい場所から始まりますが、木によって「個性」もあるようです。予定より1カ月ほど早く、気まぐれに参拝者を楽しませてくれているようでした。

今回はあぶり餅も頂きました。何度食べてもおいしいですね!すぐに出て来ないのも期待感を持たせてくれます。門前は雰囲気がよく、時代劇の撮影でも使われるそうです。着物の方が通りかかるとタイムスリップしたかのような空間になります。

あぶり餅には疫病を払うご利益があります。今回は「かざりや」で頂きましたが、お隣の「一和(一文字屋和助)」も美味しいのです。一和は創業からなんと1000年を超えるといい、京都でも横綱クラスの超老舗。かざりやも江戸時代から続く老舗です。水曜日がお休み(1日と15日が水曜日の場合は営業し、翌日休み)ですので、ご注意ください。

市内はイチョウもゆっくりと色づいてきました。今後の高温傾向がどのように影響するか心配ですが、今年も美しい紅葉が楽しめると信じましょう。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として9年目。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。散策メニューはこちらから

より大きな地図で 今宮神社の気まぐれ紅葉 を表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です