南禅寺 天授庵の紅葉


20日は午前中にお客様をご案内した後、南禅寺などを散策してきました。天授庵をはじめ、南禅寺境内は紅葉が見頃を迎えています。

今日は時雨(しぐれ)る予報でしたが、大方は上賀茂や鷹峯などの北部止まりだったようで、市街地では概ね晴れの天気(どこまで時雨るかの見極めが難しい…)。その分、日に照らされた紅葉の輝きが素晴らしく、散策日和となりました。円山公園や知恩院もしっかりと色づいてきました。円山公園の山側は紅葉の隠れスポットなのですが、こちらも美しいイチョウの落ち葉と赤い楓がほどよく合わさって、抜群の雰囲気を醸し出しています。

南禅寺境内は全体的に色づいており、見ごろと言ってよいころ合いでしょう。南禅寺は国宝の方丈や水路閣、山門周辺などが有名です。しかしその分、混雑は凄まじく、私はかつて方丈拝観で人混みに押されて拝観料を支払うことが出来ず、流れのまま中に押し込まれたことがありました(その後、拝観料分のお賽銭を投げておきました)。これでは落ちついて見られません!!そこでお勧めなのが、天授庵。

天授庵は南禅寺の塔頭の一つで、水路閣や方丈へ向かう途中にあります。夜間拝観の方が有名かもしれませんが、お昼は夜間とは違って本堂拝観がなく、その代わりに庭園散策ができます。今日などは本堂には入れないことを知ると、入口で引き返す方もおられました。しかし!天授庵の庭園は是非散策してみて頂きたい!

方丈前庭の枯山水の紅葉はご覧のとおりで非常に素晴らしく、書院南にある池の周りの紅葉もまた素晴らしい。池泉庭園と枯山水庭園を両方楽しめ、紅葉は非常に美しい、そして空いているとはいいませんが南禅寺方丈などの殺人的な混雑よりは大いにましです。是非、一度は訪れて頂きたい場所です。本日も、入口の狭さと裏腹の懐の深い広いお庭に「きれい!」「すごい!」の声を連発される方が多くおられました。

また、天授庵では30日までライトアップも行われています。ライトアップの中心となる池の周りの紅葉はまだ少し早いので、今週後半以降に行かれるのがよいのではと思います。昼の庭園散策とはまた雰囲気が異なり、本堂に座ってゆっくりと幻想的に照らされた紅葉を見ることができます。なお、この時期の夜間拝観は予想以上に寒いことも多いので、上着を忘れずにお持ち下さい。

なお、本日(20日)の円山公園・知恩院・南禅寺境内など、その他の写真はFacebookにて公開しています。いよいよ本格的に東山でも色づき始めました。今週から来週にかけて盛りとなっていきそうです。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年目。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。散策メニューはこちらから

より大きな地図で 南禅寺 天授庵 を表示

「南禅寺 天授庵の紅葉」への2件のフィードバック

  1. 京都の美しい風景は本当に感動します。いいですね。南禅寺の天授庵の庭園を京都にいつか訪れる際には行ってみたい場所ですね。季節によっても京都の美しさは変わらない魅力がたくさんあると思います。

    1. 抹茶さん
      いつもコメントありがとうございます。
      京都もいよいよ本格的に紅葉シーズンが始まりました。
      その分人も多いので、このブログではできるだけ穴場を載せたいなと
      思っています。天授庵は新緑の時期も非常に美しいですよ。
      京都は四季折々にその時期のよさがありますね。
      私もまだまだ知らない魅力がたくさん隠れていると思いますので、
      これからも京都を「旅」して、新しい発見を共有していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です