鴨川のサンタクロースマラソン


23日は京都各地で様々な行事が行われました。クリスマスのイベントの一つとしてユニークなのが、鴨川で行われたサンタクロースマラソンです。

サンタマラソンは、民間の有志で運営されているイベントで、今年で10回目。選手もスタッフも皆さんがサンタの格好をして、選手は鴨川を走るというユニークな行事です。マラソンと名前は付いていますが、競争ではなく楽しんでもらうことが目的だそうで、参加者も小さなよちよち歩きのお子さんから、80歳代の方まで幅広く、皆さん自由にそれぞれのペースで走られています。参加資格は「サンタの衣装を着て、100分間を汗をかいて笑顔を振りまける人」とのことで、参加費も1000円(小学生以下は500円)とお手軽(別途サンタの衣装は必要)。実際に運営は苦しいところもあるそうですが、心温かいスポンサー・ボランティアさんたちによって支えられているそうです。ただ、運営の事情から参加人数には制限があり、かなりの激戦だそうですので、参加できればラッキーかもしれませんね。

それにしても、いつもの鴨川をこうして赤い服を着たサンタさんたちが走っていく光景は面白い。私は鴨川と空の写真を毎日撮ることを日課にしていますが、その中にもちゃんと映ってくれました。走っている皆さんは、それぞれに気さくに声を掛け合って、とてもアットホームな雰囲気です。小さな子どもサンタが走っていると、反対向きに走っている他のサンタさんからも声がかかっていました。運営の皆さんも明るく楽しく、見ている方も含めてあちこちで笑顔が溢れています。なお、写真撮影は走っている方の邪魔にならない範囲で行いましょう。時々走っている方のすぐ正面から撮っている方を見かけましたが、走っている方からすれば迷惑かと思いますので。

サンタマラソンは、私も機会を得て参加をしてみたいイベント。また、いつか京都旅屋が独自予報の許可を取った暁には、このようなイベントにはボランティアまたは格安で予報コンサルができたらいいなぁと考えています。今年も雪予報にやきもきされたのではないでしょうか。地元の予報士として、何かお手伝いできたら嬉しいことです。

さて、‎25日の京都は、朝晩を中心に断続的に雪の降りやすい予報。朝方は市街地でも積雪の可能性があります。このところ雪マークは出ても市街地では積もらないという日が続いていましたが、25日朝はこれまででは最も積もる可能性が高い見込み。気象台の情報(24日16時発表)では、24日18時~25日18時までの予想降雪量は平地の多いところで3cmです。予想最高気温は6℃と、24日よりもさらに寒い予報。雪の京都を、とお考えの方は、最大限の防寒対策でお出かけ下さい。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年目。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です