西本願寺 色付く大銀杏


西本願寺大銀杏が見事に色づいています。

秋の京都で目を見張るのがイチョウ(銀杏)の黄色。街路樹に用いられることも多く、防火の意味合いでも植えられ、各社寺でも立派な木を眺めることが出来ます。イチョウも場所によって色付きや落葉のタイミングが大きく異なり、西本願寺の色づきは比較的遅い方です。

西本願寺には二本の大きなイチョウがあります。御影堂前の横に広がるイチョウは「水吹きイチョウ」と呼ばれ、天明の大火や幕末の元治の大火の際には火の粉を浴び、水を吹き出しながら御影堂が燃えるのを防いだといわれています。イチョウは水分が多いため、水を吹く話もあながち作り話ではないようです。なお、この横に広がる形は、根が上に広がるが如く見えるため「逆さイチョウ」とも呼ばれますが、実際にはまだ木が小さい頃から剪定が行きとどいていたからだと考えられています。

一方の阿弥陀堂前にも、こんもりとした非常に大きなイチョウの木があります。こちらは特にいわれは残されていませんが、存在感のあるイチョウの木です。ちょうど手水屋の水に映る様子が見られ、その美しさは境内でも際立っています。西本願寺は、浄土真宗本願寺派の本山で、豊臣秀吉から現在地の寄進を受けて伽藍が建てられていますので、このイチョウも水吹きイチョウと同じ頃(樹齢400年ほど)のものかもしれません。

紅葉の赤だけでなく深き色合いのイチョウの黄色も各地で目を楽しませてくれますね。特に散り際が美しく、地面を黄色一色で染める落ち葉が陽の光によって黄金色に輝き、美しすぎる光景に出会えることもあります。今週末にかけて、イチョウも見ごろのところがあるでしょう。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です