2012年 ブログ記事を振り返る


2012年も残すところあとわずか。今回は、今年のブログの記事を振り返ってみたいと思います。

本当に1年は早いなというのが、ここ数年の感想です。2012年も様々なことがありました。今年積んだ経験を来年以降に活かして行きたいと思います。さて、2012年は元日から全力で京都を見て回りました。大晦日も深夜まで除夜の鐘を回っていましたが、元日の朝に京都タワーに上って初日の出を見、その足で十六社朱印巡りを元日のうちに達成しました。

長い目で見ると、まだまだ資料集めが必要と感じており、今年も様々な行事を見てきました。行事は年に一度しかチャンスがないことも多く、できるだけの努力をしています。特に、三十三間堂の通し矢吉田神社の追儺式葵祭祇園祭の山鉾巡行などは、よい場所で眺めることが出来ました。

また、普段はなかなか行けない場所にも足を延ばしてきました。常照皇寺の桜京都の信州・越畑月輪寺の時雨桜愛宕山の千日詣八瀬の赦免地踊など、毎年は見られない行事や場所もいくつか見られました。

四季折々の美しい風景にも出会えました。今年はなかなか京都には雪が積もりませんでしたが、雪化粧の金閣寺や、ようやく本格的な積雪があった2月には雪の平安神宮から朝日も眺めることが出来ました。梅の開花が遅れた今年は3月に北野天満宮の梅が満開となり、美しい梅のライトアップも楽しめました。春は各地で美しい桜を眺め秋には素晴らしい紅葉にも出会えました。書き出せばキリがありませんが、どの季節にも京都らしい美しさがあります。2012年も、京都旅屋はまだまだ力をためて行くような年でした。コツコツと見てきた京都をお伝えすべく、来年以降も日々ブログを書いて行こうと思います。今後とも、ご声援をよろしくお願いいたします。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です