東寺 後七日御修法


東寺では8日から14日にかけて、真言宗最高の儀式とされる後七日御修法(ごしちにちみしほ)が行われました。

この後七日御修法は、真言宗最高の儀式とされ、国家安泰、世界平和などを願う法要です。その歴史は古く、平安時代の承和元年(834年)に、東寺を賜った弘法大師・空海が、中国の高僧(不空三蔵:密教を唐に定着させた人物)が皇帝のために始めたのに倣って、宮中の真言院で営んだのが始まりです。もともと宮中の重要な正月行事として修され、元日から7日まで行われていましたが、現在は1月8日から始めますので「後七日」と呼ばれています。(なお、元日から7日は神道形式、8日から14日が仏教形式なので後七日とも)

空海以後、宮中の年初に欠かせない行事となっていましたが、南北朝の動乱や明治の廃仏毀釈で中断された時期を経て、明治16年に道場を東寺・灌頂院(かんじょういん)に移して再興されました。空海は、初めて後七日御修法を行った直後の承和2年(835年)に亡くなっており、病を得ながらも、最後に真言宗の基盤を固める意味があったのかもしれません。現在は、真言宗最高の儀式とされ、真言宗各派十八本山から管長・山主が集まり、文字通り宗派を結集して行われます。

初日の8日には、皇室から天皇の御衣があずけられ、唐櫃に納められると、僧侶によってゆっくりと灌頂院に運ばれていきます。その後、13時から各派の管長・山主ら高僧が、赤い傘を差されてゆっくりと灌頂院に入っていきます。この時は、信者の方、あるいは東寺の保育園の園児たちが並び、「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」と唱えて見送ります。灌頂院に一行が入ると、扉が閉められお勤めが始まっていきます。

修法は朝・昼・晩と、7日間で21座行われ、灌頂院道場には堂内西側に金剛界曼荼羅 東側に胎蔵界曼荼羅を安置して、それを一年交代で本尊として修法します。2013年は、胎蔵界曼荼羅を本尊として、西院流で行われました。7日間の修法を経て、14日には結願日を迎え、この日に限り12時30分から13時30分の1時間だけ、灌頂院内部が一般にも公開されます。1年でたった1時間だけということもあって、信者を中心にかなりの混雑を見せました。

灌頂院の中は写真撮影はできませんが、薄暗い中に金剛界曼荼羅、胎蔵界曼荼羅がかかり、密教の手法を行う壇が設けられ、五大明王や十二天の画像が並んでいて、まさに今日まで修法が行われていたそのままの様子を間近で見ることができます。壇の上には様々な供物があり、個人的には聖天壇の上に、現存する最古形態の菓子である清浄歓喜団が供えてあったのが印象に残りました。なかなかこうした壇を間近で見る機会もありませんので、その意味でも貴重な機会です。灌頂院へ一行が入る様子や御衣の入った唐櫃が進む様子は動画もありますので、ご覧ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です