京都さくらパレード 2013年


3月24日に、恒例の京都さくらパレードが行われ、マーチングバンドが見事な演奏を披露してくれました。

京都さくらパレードは今年で12回目を迎えます。京都や関西を中心とした吹奏楽の団体が、桜の咲くこの時期に日ごろの練習成果を披露し、街頭を行進していくパレードです。関西以外からも参加団体が募られ、福井の鯖江市からは東洋中学校吹奏楽部、岡山からは美作中学校吹奏楽部、名古屋からは植田中学校吹奏楽部も参加していました。

参加団体は主に高校や中学のマーチングバンドが主体ですが、近年は某テレビ番組でその熱心な部活動の様子が紹介されて、学校によってはずいぶんと人気を集めています。規律のとれた行進、美しい演奏、さらに魅せるための表情やパフォーマンスなど、見ていて非常に楽しいのがマーチングバンドですが、陰では厳しい練習を経ての本番なのだと察します。

京都旅屋では、様々な京都の動画をYouTubeにアップしてきましたが、最も再生回数が多いのが、2011年に行われた国民文化祭オープニングパレードでのマーチングバンドの様子。それだけ、マーチングバンドは全国にもファンが多いのでしょう。ちなみに、私はこの時初めてマーチングバンドというものを目の前でじっくりと見たのですが、非常に感動したことを思い出します。動画の中で、突如映像がぶれ出す場面がたびたびありますが、それは私が感動していて、手元が震えてしまったためです(笑)

京都さくらパレードにはテレビでもおなじみ(?)の京都橘高校や箕面自由学園、早稲田摂稜高校も参加しているとあって、知っている人は知っているイベントのようです。イベントは、まず11時半から京都市役所前にて各団体(各校)の演奏が披露されていきます。その後、14時半から記念式典があり合同演奏が行われ、そして15時から街頭パレードとなります。

参加している全ての団体が京都市役所前から出発していく場面を前後半に分けて動画にまとめましたのでご覧ください。やはり、テレビでも紹介されるような学校はレベルが高いなと感じました。また、未公開でしたが2012年の京都さくらパレードの動画も少しあります。昨年は記念式典での合同演奏の最中に急に雨が降りだして、演奏している方も大変だったと思います。雨は時雨れでほどなく止みましたが、街頭パレードのコースは寺町通までとなってしまいました。

また、今年の様子は河原町通でも見てきました。やはり近くで見る方が迫力もあります。早稲田摂稜高校は、行進しながら交差する見事な技を見せてくれました。京都橘高校は一人一人の笑顔と躍動感溢れるダイナミックな演奏が印象的です。京都の学校もどこも見事で、とても一つ一つ書ききれません(笑)岡山や福井、名古屋などの参加校は、遠くから京都に来てくれてありがたいなと思いました。来年以降も京都の春の風物詩として続いていってほしいですね。




お知らせ

桜を巡る散策を「らくたび」さん主催で行います。詳細はこちらをご覧ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です