京都の桜は見ごろのピーク!


京都の桜は見ごろのピークを迎えています。特に、4日・5日は青空が広がり、絶好の桜日和となりそうです。

なかなか晴れの日が少なかった今シーズンの桜ですが、4日・5日は青空が広がります。前回書いたときより少しタイミングが変わってきており、4日は高いところの雲も出る晴れ、5日は快晴となりそうです。天気は最高の状態で桜が望めるでしょう。2日の雨と3日の風で、京都の桜も早いものは散り始めてきました。ソメイヨシノや山桜は、今週末6日から7日の風雨で見納めとなるところも多い見込みです。お時間のある方は、是非この機会にお出かけください。遅咲きの紅枝垂れ桜は、今週末から来週にかけてがピークとなりそうです。

さて、ご紹介したい桜はたくさんありますが、じっくりとブログを書く時間が取れない時もあり、内容が薄い部分はご容赦ください。京都の桜(ソメイヨシノ)はどこも満開で、遅咲きも咲き始めていますので、今は基本的には東山でも嵐山でも洛中でも、どこへ出かけてもよい時期です。行ったことのない場所、お気に入りの場所など、思いのままに足を運んでみても、美しい景色に出会うことができるでしょう。

個人的に好きなのは、疏水沿いの桜。昨年もブログに書きましたが、平安神宮の西にある夷川ダムの下流の疏水は激流となっていて、そこにせり出すソメイヨシノは京都らしからぬ美しさがあります。ダムの上流には十石船が走り、夜にはライトアップも行われています。いずれも桜は満開で、もうじきたくさんの桜の花びらがダム上流の船溜まりを覆うことでしょう。疏水は、哲学の道や平安神宮とあわせて散策してみてもよい道です。

嵐山でも桜がピーク。早咲きの枝垂れ桜が多い天龍寺の拝観庭園では、盛んに花びらが散っています。ソメイヨシノや山桜は満開で、嵐山の山肌を点々とピンクに染める様子は、平安時代から変わらないのかもしれません。

鴨川沿いでは、七条~五条の早咲き桜はピークを越えましたが、ソメイヨシノや遅咲き桜は見ごろです。鴨川の上流の賀茂川や高野川も含め、絶好の散歩道となっています。ただ、出町柳界隈ではトンビが食べ物を狙うので、不用意にお弁当を広げると危険な目にあう恐れがあります。十分にご注意ください。

祇園界隈では、円山公園や祇園白川でもソメイヨシノが満開。宮川町の川端側道の桜も美しく咲き誇っています。運がよければ舞妓さんと桜といった光景にも出会えるかもしれません。一般観光客が扮する変身舞妓であれば、ねねの道から二年坂・三年坂にかけての道すがらで出会うことができます。また、建仁寺も桜の穴場です。以上、今の時期は、至る所で美しい光景に出会えますし、4日と5日は天気も最高!是非、桜咲く京都へとお越し下さい。

お知らせ

桜を巡る散策を「らくたび」さん主催で行います。詳細はこちらをご覧ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です