今年の葵祭の天気は・・・

鴨川沿いの新緑
今日(13日)の京都は快晴の空が広がりましたが、今のところの天気予報を見ると葵祭も15日に催行できそうです。

御池大橋からの鴨川 5月13日今日もバタバタしていますので簡単に。今日(13日)の京都は、30℃を超え暑い日になりました。何より日差しの強さを感じます。日差しや紫外線の強さは太陽の高さに依存しますので、6月21日の夏至に向かってピークに近づきつつあります。ちなみに、太陽の日差しは空気を直接暖めることができないため、地面や海を介して空気を暖めるため、気温のピークと日差しのピークは1ヵ月半ほどずれています。

葵祭 加茂街道日中の気温が高い一方で、朝の気温は平年よりやや低くなっていて、その分寒暖差が大きく体調も崩しやすくなります。十分にご注意下さい。以前、今年も順延があるかもと書いた葵祭の天気は、よい方向に転んで、高いところの雲が広がりやすいものの催行は15日で大丈夫でしょう。京都は緑が本当に美しくなっていますので、賀茂川沿いの加茂街道では、さぞよい雰囲気で行列が通り過ぎていきそうです。以上、今回のブログは簡単に終わります。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です