知恩寺 二十五菩薩練り供養

百万遍知恩寺 二十五菩薩練り供養
4月25日に、百万遍知恩寺で3年に1度の二十五菩薩練り供養が行われました。

知恩寺 二十五菩薩練り供養知恩寺の二十五菩薩練り供養は3年に1回だけ行われる貴重な行事です。京都では、10月に泉涌寺の即成院で行われる同様の行事が知られていますが、阿弥陀如来が臨終に際し二十五菩薩を従えて来迎する場面を、菩薩の面をつけた人々が実際にお練りする(歩く)ことで再現します。知恩寺では、浄土宗を開いた法然上人の出身地・岡山にある誕生寺から招かれた方々によって行われているそうです。

知恩寺 二十五菩薩練り供養知恩寺は浄土宗の京都四ヵ本山の一つで、元々は慈覚大師によって開かれた「賀茂の河原家」と呼ばれる神宮寺が前身。法然上人はその地を念仏道場とし、上人亡き後は、弟子の源智が法然上人の御影堂を造営して、法然上人の恩を知る「知恩寺」と名付けたのが始まりです。やがて、元弘元(1331)年に都で疫病が流行った際、各社寺に疫病退散の修法が命じられましたが、ほとんど効果がありませんでした。

二十五菩薩練り供養 御影堂へ向かうそんな中、知恩寺の空圓上人・善阿が、7日間にわたり百万遍の念仏を唱えたところ、見事に疫病が収まったのです。感激した時の天皇・後醍醐は、知恩寺に「百万遍」の称号を授け、弘法大師が書いた「南無阿弥陀仏」の名号と、さらにお堂いっぱいの大念数も授けました。弘法大師の名号は、文字の先端が剣のように尖っているところから「利剣の名号」と呼ばれ、現在も寺宝として大切に受け継がれています。

二十五菩薩練り供養 介添えが付く知恩寺は伽藍配置も分かりやすく、今出川に面した門から続く道の正面に法然上人をまつる御影堂があり、道の東には釈迦堂、西には阿弥陀堂を配置しています。すなわち、実在した釈迦をまつる釈迦堂は現世を表し、あの世で極楽往生を実現して下さる阿弥陀如来をまつる阿弥陀堂はあの世を表し、その間の御影堂へと続く道は、すなわちあの世とこの世の境目の道(二河白道:にがびゃくどう ともいいます)。現世と来世の間を、法然上人が見守るという構図となっています。

知恩寺 二十五菩薩練り供養 御影堂を回るさて、二十五菩薩お練り供養は、阿弥陀様の来迎を表しますので、出発は阿弥陀堂から。そしてあの世とこの世の境目という御影堂へと続く道を進んで、御影堂に上がり、一周して堂内へと入っていきます。お練りをする「菩薩」は、煌びやかな装束に仏の面をつけていますが、これは縁日で売られているお面とは異なって、前が見えないものです。

二十五菩薩練り供養 蓮花を撒くそのため、一人一人に介添えがついて段差などを伝えながら、ゆっくりゆっくりと進んで行きます。菩薩様がズラリと並んで一歩ずつ静々と進んで行く様は、まさに非日常の光景という感を強めてくれます。また、お練りの先導は雅楽の演奏である一方、境内では鐘が撞かれ、神仏習合の名残も感じられます。境内全体に厳かな雰囲気が満ちていました。

二十五菩薩練り供養 手を合わせる子供菩薩の後には僧侶が続き、「南無阿弥陀仏」と書かれて蓮の花をかたどった五色の紙が撒かれ、信徒の方が拾っていかれました。また、百萬遍保育園の子供たちもお練りの様子を見に来ていて、手を合わせているのが印象的でした。お練りの独特な雰囲気は動画もありますのでご覧になってみて下さい。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です