阿弥陀寺の信長忌

阿弥陀寺 信長像
6月2日に阿弥陀寺信長忌が行われました。

阿弥陀寺 信長の墓天正10(1582)年6月2日、本能寺で織田信長が明智光秀に討たれました。ただ、信長の亡骸は見つかっておらず、京都だけでも信長の墓(供養塔)とされるものは、私の知る限り5か所にあります(建仁寺は数えず)。その一つが阿弥陀寺。毎年6月2日に信長忌が行われ、信長と嫡男・信忠、兄の信広の木像と、ゆかりの品々が公開されています。

阿弥陀寺 清玉上人像阿弥陀寺を開いたのは清玉(せいぎょく)上人です。清玉上人は織田家の本拠地・尾張国で生まれました。母親は産気づいたまま道で倒れてしまったところを、信長の兄・信広に助けられました。しかし清玉上人を産んですぐに亡くなってしまったため、清玉は織田家によって育てられ、僧として修行をする資金も織田家が工面してくれました。当然信長をはじめ織田家の人々とは顔見知り。そのため本能寺に兵が集まっていると知ると、当然のように清玉上人が駆けつけたのです。上人は信長の亡骸を持って本能寺を出たと伝わっています。そのため数ある信長の墓の中でも、阿弥陀寺の信長の墓には本人が眠っている可能性があるといわれています。

阿弥陀寺 織田信忠像信長を討った明智光秀を滅ぼしたのは豊臣秀吉でした。秀吉は信長の後継者であることを世に示すため、信長の葬儀を行おうと考えました。そこでまず清玉上人に相談をし、阿弥陀寺にて葬儀を行いたいと伝えます。ところが清玉上人は、すでに葬式は済ませているとして秀吉の再三の申し出をはねつけたのです。秀吉以上に織田家に強い恩義のある清玉上人からすれば、秀吉の魂胆は見え見えで、受け入れがたかったのでしょう。

阿弥陀寺 織田信広像やがて清玉上人が亡くなると、秀吉は大寺院だった阿弥陀寺を現在地に移転させ、お寺の規模を縮小してしまいます。これは秀吉の申し出を断った恨みがあったからともされ、実際、寺町通に大がかりに洛中の寺が移される数年前に今の場所に移転してきています。権力者に見放され、困窮した阿弥陀寺を援助したのは、森蘭丸らで知られる森家の人々。現在も阿弥陀寺の信長の墓のわきに、森蘭丸らの墓が並んでいます。

阿弥陀寺 木像阿弥陀寺の信長忌で公開される信長像は、面長のなかなか厳しいお顔をしています。普段は非公開の阿弥陀寺ですが、信長忌では木像や丈六の阿弥陀如来像を含め写真撮影がOKですので、多くの方がカメラを構えていました。午前中には法要が行われていて、織田家ゆかりの方が参列されています。私が訪れたのは午後でしたが、バスで来られている団体の一行もいて、信長の人気の高さを物語っていました。信長忌での本堂拝観は千円。機会があればご参拝ください。

信長茶寮6月2日には、信長が討たれた時に本能寺があった場所で「信長茶寮(しんちょうさりょう)」なるお店もオープンしました。具体的な場所は、西洞院通蛸薬師上るです。「信長の魂と酒を酌み交わせる」という触れ込みで、お酒も食事も頂け、信長を祀るパワースポットもあり、お守りなど信長グッズもありました。信長ファンの方は覗いてみても面白いかと思います。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です