智積院 青葉まつり

智積院 青葉まつり
15日に、智積院青葉まつりが行われました。

智積院 桔梗智積院の青葉まつりは、真言宗の宗祖・弘法大師空海と中興の祖・興教大師覚鑁(かくばん)の誕生を祝う法要です。空海は宝亀5(774)年6月15日に生まれ、中興の祖・覚鑁の生誕日も6月17日とほぼ同じ頃です。さらに青葉が生き生きと美しい時期であるため、その慶賀法要を「青葉まつり」と呼んでいます。

智積院 青葉まつり お練り行列午前10時前に、本坊から金堂に向けて修験者やお坊さんによる「お練り行列」が進んで行きます。法螺貝や雅楽の音色も混ざり、神仏が合わさった形式を感じることができます。行列を見るポイントの一つは金堂の階段。少し上から行列を見られるので、カメラマンはたいていこの場所に集まります。なお、金堂前から収蔵庫横にかけては修験者が並ぶためご注意ください。

智積院 青葉まつり 護摩供養金堂での法要の後は、11時頃から護摩供養(柴灯大護摩供)も行われます。本格的な作法で行われますので、火が灯されるまでは40分から50分間儀式が続きます。見られる際は時間にご注意ください。火が入ると一機に燃え広がって辺りに煙が広がっていきました。京都では11月を中心に火焚祭や護摩供養が非常に多いですが、この時期に行われるのは珍しいですね。

智積院 青葉まつり お堂巡り青葉まつりの境内では「お堂巡り」も行われています。智積院の境内は広く、その中に大師堂、金堂、密厳堂(みつごんどう)、講堂、明王殿が点在しています。それぞれ、弘法大師、大日如来、興教大師、阿弥陀如来、不動明王が祀られていて、順番に参拝しながら御朱印を集め、全てを巡るとお不動様の「身代わり札」を授与して頂けます。こちらは9時~16時まで行われています。

智積院 名勝庭園そして、多くの方が楽しみにしているのが、庭園や収蔵庫の無料拝観。利休好みと伝わる名勝庭園を自由に見ることができます。今年はまだ少しサツキの花も残ってくれていました。池泉観賞式のお庭は、中国の慮山(ろざん)をかたどった大きな築山とサツキの刈り込みが印象的。池は建物の下に入りこみ、寝殿造りの釣殿のようなイメージも与えてくれます。多くの方が縁側に座り、静かに心行くまでお庭を眺めていました。

智積院 楓図お庭から振り返れば、長谷川等伯が55歳で描いた楓図と、等伯の息子・久蔵が25歳で描いた桜図の復元が並んでいます。私は25歳の時に初めて桜図を見て、同い年でこれほどの絵を描いたことに感動しました。しかし、久蔵は翌年に亡くなり、その悲しみを抱きながら等伯が描いたのが楓図です。こちらもまるで楓が生きているかのような、儚げな美しさを感じます。数ある等伯の絵の中でも私が好きな絵の一つ。絵の「本物」は収蔵庫で見られますので、忘れずに立ち寄って下さい。

智積院のアジサイ智積院は紫陽花の名所でもあります。金堂の周りを覆うように咲いていますので、裏の方にも回ってみて下さい。京都の他の紫陽花が有名な社寺に比べればやや小ぶりですが、徐々に認知度が上がって木も成長すれば、いずれ京都でも紫陽花の綺麗なお寺としてガイドブックにも出てくるようになるでしょう。青葉まつりの境内は一日多くの参拝者で賑わいます。ちょうど境内は美しい青葉や紫陽花に包まれる時期ですし、まだまだ1回のブログ記事では書きつくせないほど見所も様々にあるお寺ですので、機会がありましたら訪れてみて下さい。なお、青葉まつりの記事は2年前にも書いていました。よければご覧ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です