梅雨明け 2013年

梅雨明けの空 2013年
8日に近畿地方も梅雨明けが発表されました。

賀茂川 7月8日近畿の梅雨明けは2011年と同じ日付で、1951年以降では3位タイの早さです。近畿中南部では既に7日から猛暑となっていましたが、梅雨明けが発表されなかったのは近畿北部で雨が降っていたからでしょう。梅雨入り・梅雨明けは地域単位で行われるため、こういったことが起こります。高気圧は今週いっぱいは勢力が強く、8日も京都は36.9℃まで気温が上昇しました。この時期としては驚異的な気温の高さです。

深泥池 7月8日一方で、今週末から再び「梅雨空」になる可能性もあります。今年は、気象台が目先の猛暑への警戒を呼びかける意味で「梅雨明け」という判断に至ったのでしょう。9日の予想最高気温も37℃。夕立の心配もなく、熱風が吹きそうです。近年の驚異的な高温の原因の一つは、ヒートアイランド現象にあります。特に朝晩の気温が下がりにくくなり、例えば名古屋は8日23時で、まだ30℃を超えています。京都でも21時で30.8℃もありました。

叡山電車こうして朝の気温が下がりきらないまま日が昇り、強い日差しとビルや道路からの照り返し、空調の排出熱などが加わって日中は気温がさらに上がるというサイクル。今週末までは厳しい暑さが続きますので、水分補給など熱中症対策を十分にして外出して下さい。そして夏はこの先2ヶ月は続いていく長丁場。バテないように、食事や休息もしっかりと取りながら乗り切っていきましょう。

貴船の緑 7月8日さて、今日は水まつりの様子を見に貴船神社へと足を伸ばしていました。そちらの模様は近日中にご紹介します。貴船も緑が美しく、川は涼しげでした。川床もいよいよ盛りを迎えてきそうです。祇園祭もまだまだ佳境にはいるのはこれから。今年は長い夏が待っていそうです。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です