平安神宮 秋の神苑無料公開

平安神宮 神苑 橋殿
9月19日に平安神宮の神苑無料公開が行われ、秋らしい風景を楽しむことができました。

平安神宮 萩の花平安神宮では6月上旬の一日と、9月19日に神苑が無料公開されています。6月は花菖蒲の開花状況によって日が変化しますが、9月19日の方は固定です。ちょうど秋の無料公開の時期は萩の花が見ごろになって来る頃でもあります。平安神宮の神苑では南神苑に萩の花が多くあり、紫色の品のある花を咲かせてくれていました。

平安神宮 飛び石無料公開の日は京都市民にはよく知られていて、多くの方が訪れます。この日は、夕方の16時前に入ったため、人も少なくなってきて、ゆっくりと風景を眺めることができました。平安神宮の神苑は京都でも屈指の広い庭園です。小川や大きな池があるのも特徴で、四季折々の花が咲きます。この時期は比較的花は少ないですが、緑や爽やかな空気感を十分に楽しめます。

平安神宮 東神苑最近はだんだんと日が西に傾くのが早くなり、夕方には日差しも柔らかくなって、秋らしい雰囲気も高まってきました。東神苑は西日の差す夕方もなかなか綺麗です。橋殿とも呼ばれる泰平閣には多くの方が縁側に座り、思い思いに時間を過ごしていました。神苑の中でも人気の場所ですね。

平安神宮 東神苑日が傾いているとあって、橋殿を抜けたところから振り返った佇まいがちょうど美しく見えました。四季折々、時間帯によっても綺麗に見える場所が変わっていきますね。だからこそ、何度訪れても飽きることはないのでしょう。穏やかな橋殿の風景を眺めながら、神苑を後にしました。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。
ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です