高瀬川舟まつり 新しくなった高瀬舟

高瀬川 新しくなった高瀬舟
9月23日に、高瀬川舟まつりが行われ、新しくなった高瀬舟がお披露目されました。

新しくなった高瀬舟今年も高瀬川舟まつりを覗いてきました。今年の目玉は、新しくなった高瀬舟のお披露目です。昨年、それまでの舟が老朽化によって撤去され、3代目の舟がこの度新造されたのです。この春の桜の時期は、あるべき場所にある舟が無く寂しい風景だった一之舟入も、これで落ち着いた気がします。京都新聞などの記事によると、全長は前の舟より2m長く、来年の高瀬川開削400年を前に、古い記録や写真を元にして制作されました。

新しくなった高瀬舟当然ですが、以前の雰囲気からは大きく変わって、真新しい白木の舟。変わらないのは「伏見の清酒」と書かれた樽が乗っているところでしょうか。高瀬川舟まつりでは、高瀬舟に乗ることができるのが恒例です。昨年の段階では2014年までの新造を目指すとのことでしたが、関係者の努力によって舟まつり間にあうことができたのでしょう。私も3年続けて舟まつりを訪れ、こうして新しい船にもいち早く乗ることができ、嬉しい限りです。

高瀬川舟まつり今年も例年通り、舞妓さんによるお茶席もあり、京都市長による挨拶もありました。様々なライブイベントも行われて、いつものように賑わっています。こうして毎年の恒例行事として続けて行くのも大変ですが、来年以降も変わることなく続いていってほしいですね。なお、昨年の記事はこちらから一昨年の記事はこちらからご覧ください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。
ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です