大原野の紅葉 大原野神社・勝持寺・正法寺

正法寺の紅葉
20日に、大原野の紅葉を眺めてきました。色づきのよい木が多いのが特徴です。

大原野神社昨晩は、J-WAVEさんでラジオの生放送がありました。視聴頂きまして、ありがとうございました。京都は定番から穴場まで、紅葉の美しい社寺が多く、私もこれだけ京都中を回りながら、未だに飽きることがありません。また、京都の紅葉について、さらに熱く話せる機会が頂けたらなと思います。さらに言えば、京都の桜も早咲きから遅咲きまで細かく把握をしていますので、1か月にわたって京都の桜を満喫し続けることもできます。そんな話も、どこかでできると嬉しいですね(笑)

大原野神社京都の紅葉は各地で見頃に入ってきました。今週末は各地で大変な混雑となっています。ただ、紅葉は見頃の中でも、まだピーク手前の社寺も多いため、来週にかけて十分に楽しめます。また、龍安寺など紅葉が比較的遅いお寺もありますので、場所を選べば12月初めまで美しい光景を眺めることができるでしょう。

大原野神社私も例のごとく、ガイドの合間に時間の許す限り紅葉巡りをし、各地で非常に美しい光景に出会っていますが、全てをこのブログに書くことはできないでしょう。なんとか合間を見てFacebookにて更新しますので、そちらもご覧になってみて下さい。

大原野神社さて、洛西の大原野一帯も、紅葉が美しい場所です。バスや自家用車で行くことができます。大原野神社は、延暦3(784)年、長岡京遷都に際し、藤原氏の氏神である奈良春日大社の分霊を祀ったのを起源とする神社です。猿沢池を模した「鯉沢池」があり、社殿の作りも春日大社本殿とほぼ同じ、もちろん神の使いも鹿と、さすがによく似ています。以前、睡蓮が美しい場所としてブログに書いたこともありました。

大原野神社境内の紅葉は、京都の中でも一級品。すぐ近くの勝持寺と並んで、紅葉の色づきが濃いです。これは気象条件ではなくて、単純に楓の種類だと思います。真っ赤に色づく種類が多く植わっているようです。具体的な風景は写真の通りですが、見事ですね。市街地からも離れていますので、比較的静かに楽しむことができるでしょう。

勝持寺の紅葉大原野神社の参道を本殿に向かって左手側(西)へと進むと、勝持寺への参道に出ます。なかなか坂がきついですが、頑張って登っていくと、見事な紅葉に包まれた勝持寺が見えてきます。勝持寺は「花の寺」として春の桜の見事さが知られていますが、実は紅葉も非常にレベルが高いお寺です。

勝持寺の紅葉醍醐寺もそうですが、桜のイメージが強いぶん、秋の紅葉の美しさがあまり知られていないように思います。京都中を見てきた私が太鼓判を押すほどの美しさですので、是非一度紅葉の時期にも訪れてみて下さい。

正法寺の紅葉大原野神社の鳥居から川を挟んで反対側にあるのが、「石の寺」正法寺。とはいえ、知名度はそれほど高くはありませんが、境内の庭園には巨岩・奇岩が多くあり、見ごたえは十分です。今の時期は入り口の門の周辺の紅葉が美しく、石と紅葉の取り合わせを楽しむことができます。大原野神社や勝持寺と一緒に訪れたい場所です。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です