北野天満宮 終い天神

北野天満宮 終い天神
25日に北野天満宮で、今年最後の天神市・終い天神が行われました。

北野天満宮 終い天神北野天満宮では毎月25日に天神市が開催されています。ご祭神の菅原道真は、6月25日に生まれ、1月25日に太宰府に左遷され、2月25日に亡くなりました。いずれの日付も25日ということで、25日に縁日が開かれています。一年最後の天神市は終い(しまい)天神と呼ばれ、境内には千店を超える露店がぎっしりと立ち並んで、普段以上に多くの人で賑わいます。

北野天満宮 終い天神年末とあって、新巻き鮭や数の子、正月飾りなどを扱う露店もありました。柑橘類なども売っていて、彩りを見ているだけでも楽しいですね。本当にあらゆるものが並んでいて、人も多くて動きにくいこともあり、ゆっくり見ているとアッと言う間に時間が過ぎて行きます。この日だけで例年15万人もの人出があるそうです。

北野天満宮 大福梅境内ではまだ大福梅の授与も行われていました。境内にある約1500本もの梅の木から採れた実を梅干しにし、12月13日の「事始め」の日から授与されています。13日に境内を訪れてみると、多くの方が買い求めていました。大福梅は、正月の祝膳に茶に昆布とともに入れて「大福茶」として頂き、無病息災を願う縁起ものです。梅は「生め・産め」にも繋がり、昆布(こぶ)は「喜ぶ」にも繋がります。

北野天満宮 終い天神平安時代の村上天皇の治世に疫病が流行った際、天皇までもが病にかかってしまいました。そこで、空也上人が梅と昆布を入れた茶を天皇に献上したところ天皇の病気も治ったところから、この茶を皇服茶(おおふくちゃ)と呼ぶようになりました。この茶は市中の人々にも振る舞われ、やがて「大福」の字が当てられた縁起物として正月の定番となっていきました。正月三が日には、空也上人ゆかりの六波羅蜜寺で300円でお札と共に授与されています。

北野天満宮 絵馬北野天満宮には来年の絵馬が架かり、新年を迎える準備も整いつつあるようでした。大晦日には、西陣の「をけら詣り」も行われ、1日未明は受験生を中心に若者で賑わいます。ただ、柄が悪いので未明の時間帯は一般観光客は避けた方がよいでしょう。正月三が日の人出は約50万人で、伏見稲荷大社の約270万人、八坂神社の約100万人に次いで、京都第3位の初詣の人出を誇る神社です。学問の神のみならず、厄除けや冤罪を晴らす神としても知られ、正直や誠の心を育んで下さるご利益もあるとされます。新年にふさわしい神社の一つですね。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。
ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です