東寺の梅と河津桜

東寺 河津桜
東寺の境内、有料拝観エリアに梅と河津桜が美しく咲いています。

東寺 不二桜京都も今日(23日)から暖かい日が続きます。早咲きの桜も本格的に開花し始め、この先の暖かさで一気に見頃となってきそうです。一方、22日に訪れた東寺では、まだ梅が残り、河津桜が見ごろを迎えていました。三連休の京都は多くの人で賑わっていて、東寺も例にもれず観光客がたくさん来られていました。

東寺 梅有料拝観エリアには梅が固まって植えられている場所があり、まだまだ梅が綺麗に咲いていました。今年は梅が遅く、種類によっては梅と桜が同時に見られるところもありそうです。東寺のシンボルといえば五重塔で、梅と一緒に望むこともできました。

東寺 河津桜一方、境内には数本の河津桜も植えられています。ピンクの濃いこちらの桜も多くの方を引き寄せて、記念写真を撮る方が多数おられました。下から仰ぎ見れば五重塔と一緒に桜が望めて見事。一足先に眺める満開の桜は、来りくる本格的な桜シーズンへと胸を高めてくれました。実は東寺は22日からライトアップも行われています。今年は初日に行ってきましたので、次回以降でご紹介します。

東寺 河津桜
東寺 河津桜
東寺 河津桜
東寺 河津桜
東寺 梅
東寺 梅

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です