京都 早咲き桜が各地で見頃

佐野藤右衛門邸 3月31日
京都の早咲き桜が各地で見頃です。4月2日にかけては天気にも恵まれ、絶好のお花見日和となります。

二条城 桜の標本木 3月31日31日の京都は午前中を中心に快晴の空が広がり、本当に美しい空の下で桜を楽しむことができました。二条城の桜の標本木もかなり咲き進んできていますので、1日にも満開宣言が出そうです。いよいよ京都の桜もピークを迎えつつあります。天気は1日、2日と晴れて気温も上がる予報で、今シーズン最高のお花見日和となる見込みです。できるだけ2日までに花見を行う方がよいでしょう。3日以降の天気はまだ定まっていませんが、早ければ3日から天気が崩れ、5日かけて荒れ模様となる可能性があります。ここの崩れをソメイヨシノが乗り切れるかが微妙なところです。

京都府庁 3月31日一足先に見ごろを迎えている早咲き桜。今日も各地を巡ってきました。散策にご参加頂きました方も、ありがとうございました。美しい桜を眺めながら、感動を共有できることを本当に嬉しく思います。京都府庁の桜は、早咲きのしだれ桜が既に「散り初め」となってきました。風が吹くと花びらが舞って、映画の一場面のようです。府庁の中には遅咲きの桜もあるため、全体的な見頃はまだ続いてくれます。運がよければ「まゆまろ」にも出会えるかもです。

本満寺 3月31日本満寺の佇まいが美しいしだれ桜も、見頃の後半に入って散り始めています。まだご覧になっていない方はお急ぎ下さい。早咲きのしだれ桜の一部は、昨日の風雨によるダメージが大きく出ています。やはり雨は桜の様子を変えますので、今後の予報にもご注意ください。仮にソメイヨシノが散ってしまっても、平安神宮などの遅咲き桜の名所に足を延ばせば、京都の桜を十分に楽しめますよ。

秘密の場所の桜個人的に午前中に訪れていたのが、写真の桜。場所は秘密にしておきます。私の桜講座でもご紹介はしていない桜です。私のとっておきの穴場の桜で、早咲きのしだれ桜が見ごろを迎え、非常に美しい姿で迎えてくれました。京都にもまだこんな場所が残っているのです。過去に桜の時期に何度か訪れたことがありますが、今日が最も花盛りで空も快晴で、写真も素晴らしいものが撮れました。というわけで、一人でほくそ笑んでいるのではもったいないと思い、写真だけでも公開させて頂きます。

佐野藤右衛門邸 3月31日佐野藤右衛門邸の桜も、今がピークで非常に素晴らしい光景が広がっています。こちらも背が高い巨木のしだれ桜が立ち並び、感動すること間違いなしです!「桜守(さくらもり)」として活躍をされている佐野藤右衛門氏が、この時期だけ公開をして下さっているお庭。夜には篝火の下、ライトアップもされていて、こちらも本当に素晴らしい。これほどの桜を見せて頂けることに感謝するばかりです。

大覚寺 3月31日いよいよソメイヨシノも見ごろを迎えてくる京都。繰り返しますが、2日までが絶好のお花見日和。多少無理をしてでも、お出かけになると、各地で素晴らしい京都の桜に出会えるはずです。各地の見事な桜を、この機会にお楽しみください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です