二条城 見頃を迎えた遅咲き桜

二条城 しだれ桜
二条城の遅咲き桜が見頃です。ライトアップも13日まで行われています。

仁和寺 御室桜 4月京都は遅咲きの桜が見ごろを迎えています。さらに、仁和寺の「御室桜」が本日「満開」となりました。足もとから湧き立つ雲のように咲き誇る御室の桜は、例年2日間~4日間しか満開がありません。京都旅屋では、12日(土)に満開の御室桜を訪れる散策を開催します!桜のタイミングは見事に当たりました。ご参加お待ちしています。

二条城 しだれ桜さて、二条城も遅咲きの桜の名所です。国宝の二の丸御殿や、特別名勝の二の丸庭園に加えて桜まで見事に咲くのですからまさに今が「旬」です。京都には、その時期に応じた旬の場所があり、その時に訪れれば必ず感動できるでしょう。今「旬の場所」は、他にも平安神宮、龍安寺、上賀茂神社があります。

二条城 桜並木実は二条城の桜はメリハリがあって植えられているので、二の丸周辺ではほとんど桜の姿は見えてきません。桜が密集しているのは、本丸庭園を抜けた城内の最奥とそこから南へと回る通路の辺り、城内南の桜の園、城内北東の辺りの三か所です。最後の城内北東エリアは必ず通る場所ですが、残りの二か所は時間に余裕のある方か、隅々まで足を延ばしている方でないと行きつくことはないかもしれません。

二条城 ライトアップ特に、本丸庭園を抜けた場所にある紅しだれ桜の並木道は美しく、私も毎年楽しみに訪れている場所です。二条城は広いので、二の丸周辺だけでも最低一周約1時間は必要です。本丸奥まで散策するには通常2時間程は見ておきたいところ。是非、ゆっくりとお時間を取って散策をしてみて下さい。

二条城 ライトアップ13日までは庭園のライトアップも行われています。今が桜の見頃ですので、こちらも非常におススメ。駅からも近いのでアクセスがよいです(ただし周辺の食事どころは少ない)。また、拝観経路は昼間とは異なり、御殿内の拝観はできません。そしてお庭を歩ける範囲も一方通行で限られていますのでご注意ください。桜は、桜の園の八重桜と、城内北東エリアが見事です。この二つのエリアの一部では三脚も使うことができます(他の場所は不可)。

二条城 ライトアップ城内入り口では、桜の花びらのライトが迎えてくれ、清流苑では色とりどりの美しいライトアップも行われています。入城者は若者のカップルが多いためか、比較的現代的な演出も行われています。お堀の揺らめきが反射する石が木も綺麗で、見ごたえのあるライトアップですので、この機会に足を延ばしてみて下さい。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です