圧倒的なスケールで咲く三室戸寺のツツジ

三室戸寺のツツジ
先日「ことぶら」さんのご案内で、三室戸寺を訪れました。関西一の2万株ものツツジが圧倒的なスケールで咲いています。

三室戸寺のツツジ三室戸寺は春の終わりから夏にかけて花が美しいお寺で、庭は与楽園と名付けられ、平成元年に完成した中根金作晩年の名園です。シャクナゲ、ツツジ、紫陽花、蓮と、順に咲き「花の寺」とも呼ばれています。特にツツジは関西一の2万株の数を誇り、そのスケールは圧倒的です。この時期に訪れる人の多くが感嘆の声を上げるほどです。写真ではそのスケールがなかなか伝わりませんが、来週初めまで見頃は続くと思いますので、よければ足を延ばしてみて下さい。今回も時間の都合により写真をメインで掲載します(ブログは何とか毎日更新の体裁は保っていきます)。

三室戸寺のツツジ
三室戸寺のツツジ
三室戸寺のツツジ
三室戸寺のツツジ
三室戸寺のツツジ

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です