緑が輝く嵐山

嵐山
先日、ご案内で嵐山を訪れてきました。緑がたいへん美しい時期です。

嵐山と渡月橋嵐山に足を延ばすならば、断然午前中がおススメです。日差しを正面に浴びて写真を撮っても美しく、早い時間帯であればまだ人も少ないので、気持ちよく歩くことができるでしょう。今の時期はとにかく緑が綺麗です。空が青い日であればよりいっそう感動的な光景で迎えてくれます。なお、来週日曜日には嵯峨祭があり、神輿がこの緑の風景の中を巡行していき、午後には大堰川沿いも賑わいを見せます。

天龍寺嵐山が美しいということは、嵐山を借景にしている天龍寺の曹源池庭園もこれまた素晴らしい光景です。非常に美しい風景にのみ与えられる「特別名勝」のお庭は、雄大な嵐山の眺めを見事に庭の一部のように溶け込ませています。夢窓疎石の作とされますが、当時の最高傑作とも呼ぶべき庭を今では誰でも気軽に目にすることができるのは、本当にありがたいことですね。

野宮神社京都は修学旅行シーズンで、有名社寺では修学旅行生で賑わっています。嵐山で縁結びの野宮神社がやはり大人気。境内は学生の圧力で狭さを感じるほどです。野宮神社の神様は伊勢神宮と同じく天照大神(あまてらすおおみかみ)で、野宮神社では健康と知恵授けのご利益とされています。一方、縁結びは大国主命(おおくにぬしのみこと)がその由来ですので、野宮大黒天の社に忘れずに参拝をして下さい。

嵯峨野の竹林嵯峨野の竹林もやはり美しいですが、竹は春と秋が反対になる植物。今の時期は黄色くなって葉を落としています。こうしたところから旧暦3月のことを「竹の秋」とも言います。夏が過ぎて秋に入ると、今度は竹も生き生きとして「竹の春」へと入っていきます。よくよく観察をしていると、春と秋が逆になるとは面白い植物ですね。この時期は散策にもおススメの嵐山。是非、午前中に訪れてみて下さい。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です