台風8号の進路に警戒を!

風雨と八坂の塔
台風8号が発生しました。今後、発達しながら進路を日本に向け、来週8日~10日かけて接近・上陸の可能性があります。最新情報に警戒をして下さい。

大原最新の台風情報はこちらからご確認ください。私の周りの方には「台風が来そう」と数日前から伝えていましたが、ようやくこのブログでも書くことができます。気象業務法の縛りがありますので、気象庁(気象台)が公式に発表をする前に私が個人的な見解をこうした公の場で書くことはできません(気象予報士の役割とは何かを考えさせられますが)。台風は5日進路予報を見ると大よその傾向が分かります。今回の台風8号は、8日~10日かけて日本に接近し、上陸の可能性も十分にあります。最新の情報には十分に警戒をして下さい。

三千院というのも、台風は今後かなり発達するからです。本日(4日)9時に台風になったばかりにも関わらず、21時の段階で既に勢力は「強い」のカテゴリーにまで入ってきました。しばらくは海水温が平年よりもやや高い海域を進む分、台風はさらに発達し、この先「非常に強い」勢力になることが見込まれています。日本近海は反対に海水温が平年よりも低いものの、発達のピークは過ぎても十分に災害をもたらすレベルで接近をしてきますし、熱帯から大雨の元になる非常に湿った空気を運んでくることは間違いありません。

空が映るビル細かい進路はまだはっきりとしませんが、日本に近づいてくる流れですので「自分の地域に来るかもしれない」という前提で警戒をして下さい。台風は事前に進路がある程度予想でき、備えができる災害でもあります。京都も昨年は台風18号による洪水被害に見舞われましたが、いよいよ本格的な台風シーズンが今年もやってきました。侮らず、最新情報に中止をしながら備えて下さい。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です