緑の鷹峯 常照寺~源光庵~吟松寺

吟松寺
先日、鷹峯界隈を散策して来ました。常照寺、源光庵、吟松寺の門前風景をお届けします。

源光庵処暑を過ぎて、そろそろ暑さにも陰りが見えてくる頃。初秋にかけて緑の散策もおすすめです。鷹峯は都会の喧騒を離れて静かに過ごせるお寺がそろっているエリア。セミの鳴き声に耳を傾けて、過ぎゆく夏を感じるには最適な場所です。鷹峯で最も有名なのは、丸窓の「悟りの窓」と四角い「迷いの窓」、血天井などで知られる源光庵。門前は9月後半から10月にかけてススキが見事です。さすがに8月はまだススキはありませんが、初秋にもおススメしたいお寺。近々、京都旅屋でも散策で訪れたいと思います。

常照寺源光庵の東にあるのが常照寺。日蓮宗のお寺で、かつて京都六ヶ所にあった日蓮宗の僧侶の学校である檀林(だんりん)の一つとして栄えました。吉野太夫ゆかりのお寺としても名高く、吉野太夫寄進の赤門が目を引き、境内にはお墓も残されています。春は桜が美しい参道は、夏は緑が綺麗で、秋には紅葉が見事です。

吟松寺源光庵から西へ光悦寺を過ぎて、斜度20%を超える急な坂道を下り、紙屋川にそってさらに下って行くと、吟松寺があります。拝観寺院ではありませんが、境内は楓に包まれて秋の紅葉は非常に美しく、鷹峯の穴場スポットです。もちろん、この時期の緑の輝きも格別。9月まで「しょうざん」では、今日の夏の旅の特別公開も行われていますので、源光庵からの散策がてら覗いてみたいお寺です。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です