黄金色に輝く八坂の塔

八坂の塔
今の時期のよく晴れた日の夕方、東山にある八坂の塔が黄金色に輝きます。

八坂の塔四季折々に美しい京都。光の加減も風景の印象を左右する重要なポイントです。秋分の日が近い今の時期、太陽はほぼ真西に沈むため、西向きの建物は夕方は正面から光を受けます。また日没の時間も18時頃と早くなり、ちょうど京都観光を終えて帰途につく頃合いに東山の八坂の塔が素晴らしい黄金色の輝きを見せるのです。

八坂の塔実は私は東山で人力車を引いていたことがあり、ちょうど今の時期に輝く八坂の塔を目にしてとても感動をしました。しかし、仕事中は写真を撮ることができませんので、その光景は記憶の中にのみありましたが、先日ちょうどよいタイミングで八坂の塔の前を通りかかり、黄金色の姿を見ることができました。塔は実際には今回の写真よりも黄金色に感じます。その姿は。まさにほれぼれするほどの美しさ!

八坂の塔私は「京都でおススメの場所はどこですか?」と聞かれると、「旬」の場所に訪れればどこであれ必ず感動できますよ、とお答えしていますが、今の時期のよく晴れた日の夕方に西日を浴びる八坂の塔はまさに「旬」。個人的にも幾度となく眺めて来た八坂の塔であっても、心底感動させてもらいました。黄金色に見られる条件は、今の時期のよく晴れた日の夕方で、時間は17時過ぎから日没にかけて。塔は周りより高いので、日没間近まで光を浴びています。天気とタイミングが良ければ出会うことができる素晴らしい光景です。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です