大原野神社 御田刈祭 神相撲と少年力士の土俵入り

大原野神社 御田刈祭 少年力士土俵入り
9月14日に、大原野神社御田刈祭(みたかりさい)が行われ、神相撲などが奉納されました。

大原野神社大原野神社は京都の西山の麓の「大原野」にある神社で、長岡京遷都の際、藤原氏の氏神として奈良の春日大社の分霊を祀ったのが始まりです。平安時代になっても、藤原の家に女子が生まれると皇后や中宮になれるように祈願をし、願いが成就すると豪華な列で大原野神社に参拝をしました。境内は紅葉の名所としても知られ、花の寺として名高い勝持寺もすぐ近く、向かいには石の寺とも呼ばれる正法寺があります。

大原野神社 御田刈祭 少年力士御田刈祭は、毎年9月の第2日曜日に行われている行事で、江戸時代の享保2(1717)年に始まり、五穀豊穣に感謝して神相撲を奉納する神事です。現在まで約300年近く、途絶えることなく続いています。神事は朝10時から粛々と進められて行きますが、その時間帯に外ではこの後土俵入りを奉納する少年力士たちがスタンバイをしていました。

大原野神社 御田刈祭 少年力士土俵入り一通りの儀式に続いて、拝殿の前で少年力士による土俵入りが行われます。地元の大原の小学校の6年生の子が、露払いと太刀持ちを従え、堂々とした所作で見事な土俵入りを奉納します。相撲中継で見る横綱の土俵入りと同じく本格的で、足が高く上がる様子は強靭な足腰があればこそだと感じました。なお、土俵入りの前にはいったん全員が拝殿の下へと降りるように指示されます。正面からの写真の撮影は、神社の方の指示に従って動くようにして下さい。

大原野神社 御田刈祭 神相撲その後、場所を境内西の土俵に移して神事が続きます。続いて奉納されるのは「神相撲」。まずは土俵の御清めを行います。お祓いのあと、神相撲を奉納する神力士が、四方の柱をお酒で清めて行きます。神力士は土俵上では、終始塩が入れられた紙を口にくわえたまま動作を行う様子が印象的でした。

大原野神社 御田刈祭 神相撲そして東西に分かれた二人の力士が2番戦いますが、最初が東が勝ち、次は西が勝つという流れが決まっていて、必ず1勝1敗になります。相撲は本来は勝ち負けをつけるものなのにも関わらず、そうしないのはお互いに力を合わせて助け合って生活することの大切さを伝えているからだとのことでした。五穀豊穣には人びとの協力も必要ということでしょうか。

大原野神社 御田刈祭 少年力士土俵入り神相撲に続いて、もう一度少年力士の土俵入りが行われます。今度は文字通りの土俵入りで、多くの観客が「よいしょ~」とかけ声を送り、拍手も盛大です。御田刈祭の相撲が地元の方にたいへん親しまれていることがよくわかります。京都近郊では、9月初めの八朔祭での八朔相撲も知られていますが、あちらは国体の京都府予選も兼ねた本格的な大会でもあり、大原野神社の方はより地元色の強い印象を受けました。この後、地元の小学生による相撲大会や赤ちゃんの土俵入りへと続いて行きます。その様子は次回以降にご紹介します。


散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です