イチョウの隠れた名所・頂妙寺

頂妙寺のイチョウ
仁王門通にある頂妙寺イチョウが見ごろを迎えています。

頂妙寺のイチョウ平安神宮の大鳥居の前、琵琶湖疏水に沿って東西に延びるのが仁王門通で、この通り名の由来となった仁王門を持つのが日蓮宗の本山の一つ・頂妙寺です。川端通から仁王門通を東に入り、ほどなく北側に入口が現れます。あるいは二条通からも境内には入ることができます。頂妙寺はかなり広い境内を持っていますが、各地を転々としてきた寺がこの地に移ってきたのは江戸時代の1673年。直前に起きた内裏の火事をきっかけに現在の京都御苑内から移転してきたといわれています。

頂妙寺のイチョウその後、1708年の宝永の大火をきっかけとして、御所一体の他の街々も頂妙寺の周りに移転をして「二条川東」という地域が築かれました。通りを挟んで街ごと移動してきた新開地です。南北に伸びる「新丸太町通」が頂妙寺の南にあるなど「新」と名前の付く通りが何本もあるのがその象徴。頂妙寺は、それら新しく開かれた土地の先駆として、この地に広い敷地を持てたのでしょう。

頂妙寺のイチョウ境内には立派なイチョウが何本もそびえています。特に本堂の前に二本並ぶイチョウの姿は印象的です。イチョウは水分を多く含む木で、西本願寺をはじめ各地の社寺に火災除けとして植えられていますが、頂妙寺にイチョウがあるのも、火災をきっかけとして移転をしてきたためかもしれません。目を引くイチョウの木は仁王門の左手側にもそびえています。

頂妙寺のイチョウ頂妙寺は例年、他の場所よりもイチョウの色づきが早い傾向にありますが、今年も既に見頃に入り、それどころか散り始めている木もあります。13日からは冬型が強まり風の吹く日もあるので、今年は早々に散ってしまうかもしれません。イチョウはタイミングにもよりますが、散る時は一晩で散ってしまうこともあります。見られる間に黄色のダイナミックな色彩も楽しんでおきたいですね。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です