京都市街地も積雪に警戒を

広沢池の雪景色
17日・18日と最強クラスの寒気がやってきます。京都市街地でも18日は積雪に警戒が必要です。

南禅寺 三門低気圧が北海道東部で猛発達し、17日9時の予想天気図で948hPaまで下がる予想。北海道でここまで発達するのはまれで、気象予報士が「人が死ぬ」とゾッとするような天気図をしています。北海道を中心に猛烈な暴風雪となりますので、外出は避けていただきたいと思います。今回のように急発達する温帯低気圧は、天気の激変を伴い、影響範囲が広いため、台風よりもやっかいで危険です。全国的に暴風、大雪、高波などに厳重警戒をお願いします。

雪の平安神宮各地で低温、大雪となりますが、京都も18日は雪が降りやすくなり、最低気温がマイナス2℃と低い点からも市街地で積雪の恐れがあることが読み取れます。外出の予定のある方は十分にご注意いただき、17日夕方からの最新情報には注目しておいてください。一方で、京都の雪は社寺の美しい風景を見られるタイミングでもあります。京都の雪は年に数日ですので、純粋に楽しみたいとも思います。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です