京都タワーからの初日の出 2015年

京都タワー 初日の出
元旦の初日の出は、京都タワーから眺めることができました。

京都タワー 初日の出京都タワーでは、元日のみ早朝6時30分から「元旦 初のぼり」としてタワーに上ることができます。2012年にもチャレンジしましたが、あまりよい位置で見られなかったのと、雲が多く、太陽が出てくる場面は見られませんでした(数十分後に顔を出しました)。今年も雲の予想が難しかったのですが、なんとか見られると判断して向かいました。

京都タワー 開業当時の風景京都タワーの初のぼりは若者を中心に人気が高く、6時過ぎには既に長蛇の列が伸びています。料金は1000円と通常よりも高くなっていますが、先着1000名には京都タワー50周年記念の特製クリアファイルが贈呈され、私もいただくことができました。イラストでタワー開業当時と現在の風景が描かれていて、京都の街の変貌ぶりがわかるものでした。

京都タワー 初日の出地上100mの展望台では、すでに大勢の方が待っており、日の出の方向は人が多くてほとんど見ることができません。恐らく5時台には列に並んで待っていないとパッと見は日の出の瞬間を見られる位置にいるのは難しいでしょう。しかし!!今回で初のぼりは2回目。私には前回の経験があります。ということで、詳しくは書けませんが遅れて行っても見られる場所へと移動。思っていた通り空いていて、太陽が昇って来る方角を見ながら待つことができました。

京都タワー 初日の出ただし京都タワーの初日の出の最大の敵は「窓の曇り」です。人が大勢集まっているため窓が曇ってしまい、特に写真を撮るのが難しいのです。これでは魅力も大きくそがれてしまうのですが、1か所だけ窓が曇らない場所がありました。これも詳しい場所は企業秘密。また講座などでお話をしたいと思います。今回は運よく窓が曇らない場所に気がつくことができ、京都を照らす美しい朝日の写真を綺麗に撮ることができました。

京都タワー 初日の出今年は雲も少なく順調に日の出を眺めることができ、太陽が頭を出した瞬間には皆さん歓声をあげて喜びあいました。太陽の光は本当に明るく強く輝いていて、京都の街を照らしていく様子はとても感動的。個人的には京都の初日の出は4年連続で眺めていて、2013年の善峯寺からの初日の出も感動的でしたが、今年はそれ以上に心に響く美しい眺めとなりました。多くの方は日の出の写真を撮ると移動をするため、後ろの方で日の出の瞬間は見れなかった方も、ほどなく太陽を目にすることはできます。京都タワーは京都では数少ない初日の出スポットですので、機会がありましたらできるだけお早めに列に並んでチャレンジしてみてください。

たわわちゃん神社なお、京都タワーの展望台には、マスコットキャラクターのたわわちゃんが祀られている「たわわちゃん神社」もありました。12月28日の開業50周年を記念して登場した神社で、ゆかりの深い下鴨神社の協力でお祀りされているようです。ご神体(?)として金色のたわわちゃんがいて、両脇には阿吽のヤタガラスも可愛らしく立っていました。京都市街で一番高い場所にある神社とのことですので、展望台に行かれる際はぜひご参拝ください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です