西陣織会館の着物ショー

西陣織会館 きものショー
先日、西陣織会館できものショーを見てきました。

西陣織会館 きものショー堀川今出川の交差点を南に下がった場所にある「西陣織会館」は、西陣織に関する知識を学べたり、時期に応じた西陣織関連の展示を見ることができる場所です。西陣織は京都の伝統工芸品のひとつで、最初から色のついた糸で織り上げて行く織物。その特徴は多品種少量生産で、着物だけでなくネクタイや室内装飾品、小物に至るまで多品目に及びます。また、工程は分業制で、図案や糸染など様々な工程が独立しているのも特徴。西陣織会館には職人さんがおられ、手織りの様子を目の前で見させていただくこともできます。特に爪で糸をかき寄せて織る高度な技法は必見です。

西陣織会館 きものショー現在、西陣織は売上の減少や後継者不足が深刻化しているという事実があります。様々な問題を克服するのは容易ではありませんが、西陣織会館などに観光客の方が訪れていただくことで、西陣織の魅力を感じていただけることを願っています。着物ショーも西陣織の魅力をPRする場のひとつ。1日7回の上演があり、各15分間、華やかな着物の美しさを目にすることができます。

西陣織会館 きものショー西陣織会館は外国人観光客にも好評のようで、きものショーも多くの外国の方が見ていました。写真もOKですので、日本の思い出として残ることでしょう。現在は琳派400年にちなんだ図柄の着物を着たモデルさんが登場し、楽しそうに笑顔で披露してくださいます。西陣織会館に行かれる際は、ぜひご覧になってみてください。なお、館内では西陣織の様々な商品も販売されていますので、そちらもご覧になってみてください。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です