梅から桜へ移りゆく季節へ

下鴨神社 光琳の梅
京都は各地でが見ごろを迎えてます。一方で超早咲きの桜も順調に開花をしてきています。

下鴨神社 光琳の梅先日ご案内で訪れた下鴨神社。尾形光琳が紅白梅図屏風を描く際にモデルにしたという梅の木の見頃が続いていました。今年は琳派400年で特に注目を集めているかもしれません。梅には多くの方がカメラを向け、気にはメジロが何羽も飛び交っていました。色鮮やかな紅梅は春の進みを教えてくれています。

三条大橋 河津桜超早咲きの河津桜も順調に各地で開花しています。先日、講座の参加者さんから三条大橋の西に河津桜があることを教えていただき、訪れてみました。ピンクの濃い美しい花は、三条大橋や鴨川をバックに咲き誇っています。本数は2本だけですが、一足早く春を感じられる場所です。今週名一気に気温が上がり、超早咲き桜の開花も進んできそうです。20日頃には早咲きの桜が咲き始めてくるかもしれません。梅から桜へと次第に季節は移ろって行きます。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です