北野天満宮 御土居の青もみじ

北野天満宮 御土居の青もみじ
今年から公開が始まった北野天満宮の御土居の青もみじ。31日まで公開されています。

北野天満宮 御土居の青もみじ5月は新緑の青もみじが大変美しい時期。北野天満宮の境内西側にある御土居の青もみじが今年から特別公開されています。料金は宝物館を含めて300円で、本殿の西側に受付があります。紅葉が美しい場所が多い京都は今の時期の青もみじも大変に見事。北野天満宮の御土居もおすすめです。

北野天満宮 御土居の青もみじ御土居は豊臣秀吉が天正19(1591)年に築いた京都を囲む全長約23㎞の土塁。京都の北西部を中心にその一部が残されています。御土居の外側には堀が設けられていましたが、北野天満宮の西側の御土居では紙屋川が堀の役割を果たしています。現在は朱塗りの鶯橋が紙屋川にかかり、優しい緑の中で美しい姿を見せています。御土居の周りにも少しだけ梅の木が植わっていますが、実を付けている木も見かけました。季節の進みを感じながら、美しい緑の風景を歩いてみてください。

北野天満宮 御土居の青もみじ
北野天満宮 御土居の青もみじ

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です