見ごろが続く三室戸寺のアジサイ

三室戸寺のアジサイ
宇治の三室戸寺では約1万株のアジサイが見ごろとなっています。

三室戸寺のアジサイ三室戸寺のあじさい園には約50種1万株ものアジサイが植えられていて、京都では善峯寺と並んで圧倒的なスケールで迎えてくれます。三室戸寺のアジサイは京都近郊でも特に人気があり、団体客で大いに賑わいます。三室戸寺は春から夏の花が特に美しく、5月のツツジやシャクナゲ、6月はアジサイ、7月はハスと続いて行きます。京都旅屋でも7月10日に行われる「ハス酒を楽しむ会」の散策企画を作ってみましたので、よければご参加ください。ハスは早朝に花開くため、朝の方がたくさんの花を見ることができます。

三室戸寺のアジサイ今はまだまだアジサイが見ごろ。先日、朝一番で訪れてきました。拝観は8時半からで団体が来る前の8時台は人も少なく、静かにアジサイを楽しめる時間帯です。人を写さない写真も撮れることでしょう。今年はアジサイの開花が早く、三室戸寺の境内も見ごろの後半に入ってきているようです。アジサイは桜と同じように気候によらず毎年概ね一定時期に咲く花ですが、それでも早いのは5月がたいへんな高温だったということの表れでしょう。

三室戸寺のアジサイ三室戸寺のあじさい園で近年毎年話題となるのが「ハート形のアジサイ」です。三室戸寺に限らず、運が良ければ他の場所でも目にすることはできます。ただ、三室戸寺は1万株と圧倒的な数のアジサイがありますので、例年見つけることが出来るようです。今年も、それらしく見える花を見つけました。あじさい園は6月中の土日にライトアップも行われていますので、機会がありましたら足を延ばしてみて下さい。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です