京都では北部山沿いを中心に土砂災害に警戒を

雨の山鉾巡行
18日の午前0時現在。京阪神や奈良、滋賀の西部で、今回は土砂災害が非常に心配な雨の降り方をしています。

雨の山鉾巡行17日の山鉾巡行は土砂降りの雨のなか、無事に行われました。夜の神幸祭の神輿渡御の時間になっても雨が降り続き、いずれもびしょ濡れのなかでの祭事進行となりました。関係者の皆様、本当にお疲れ様でした。また雨のなかでも散策にお越しいただいた皆様、全国から祇園祭を見に来て下さった皆様も、本当にありがとうございました。宵山や巡行の様子は後日ブログに書きたいと思います。

雨の神幸祭一方、台風がもたらす非常に湿った空気が同じような場所で雨を降らせ続けて累加雨量がかさみ、京都の山沿いでは24時間雨量が200㎜を超え、局地的には250㎜を超過。土砂災害が非常に心配な状況になっています。京都市北部の山沿いでは土砂災害危険区域に避難勧告が出されています。急な斜面や土石流危険渓流の近くにお住まいの方は、可能ならば安全な場所に避難を。難しければ上層階で崖とは反対側で待機をしてください。土砂災害は巻き込まれてしまうと命に係わるため、十分に警戒をお願いします。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です