猛烈な暑さ 39℃を超えた京都

京都御苑 拾翠亭
京都は2日の最高気温が39.1℃に達しました。過去135年の観測記録の中で歴代5位に入る猛烈な暑さです。

京都御苑 サルスベリ本当に暑い一日でした。最高気温は14時46分に「39.1℃」に達しました。最高気温では多治見の39.2℃に次ぐ全国2位の猛烈な暑さ。京都が39℃に達するのは2013年の39.0℃に続きますが、実はそれ以前は1994年に4日連続で超えて以来ありません。今でも1994年の39℃超えの記録は京都の観測記録の歴代1位~4位を占めています。今回は1994年に次ぐ高温で、過去135年間の観測記録の中で歴代5位に入る猛烈な暑さとなりました。少なくとも過去20年では1番暑い日だったということです。

護法堂弁財天近年の京都の高温の特徴は、夜になっても気温が下がらないことです。23時でもまだ31.1℃もあり、実は16時以降は全国約840カ所の観測地点の中で1位の気温となってます。つまり今日の夕方以降に「全国で一番暑い街」は京都です。余談ですが、23時時点で全国2位は岐阜。私は岐阜県出身ですので、子どものころから全国有数の熱さを体験してきています。それにしても京都の気温が下がらない理由は都市化が一要因でしょう。夜でも気温が下がりにくいということは、翌日も気温の上昇地点が高くなるため最高気温が上がりやすいことを示しています。2013年にはなんと8日間連続で37℃を超えるという、大変な猛暑もありました。

鴨川3日の京都も予想最高気温は37℃。引き続き体温を超える猛暑が予想されています。夜には「京の七夕」も行われて賑わっていますが、夜に外出される方も熱中症には厳重に警戒をしてください。また、にわか雨や雷雨の恐れもあるため、先日もブログに書いたように鴨川の飛び石を渡られる方は十分にご注意ください。室内では冷房を使ったり、外出時は水分や塩分の補給や休憩を十分にとるなど、無理のないように乗り切って行きましょう。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です