寒波襲来!京都市街地も積雪なるか

雪の平安神宮
今夜からシーズン最強クラスの寒波がやってきます。25日頃にかけて極寒の一週間となります。

上賀茂神社 雪景色18日は関東南部平野部でも積雪となり交通に混乱が生じました。南岸の低気圧はさらに発達して北海道の東に達し、北海道東部は19日はすさまじい暴風雪となりそうです。十分にご注意ください。一方、京都では19日夜から市街地でも降雪が予想されています。京都は1月18日もどうやら初雪が観測されずに終わりそう。19日にはようやく初雪が濃厚となってきました。※19日未明に初雪が観測されました。

雲龍院の雪景色1881年~1882年シーズン以降で観測史上最も遅い雪の便りとなりますが、早速積もる可能性もあり、19日18時~20日18時までの24時間降雪量は、京都府南部の平地で0㎝~5㎝が見込まれています。洛北を中心に雪が積もるところもある予想で「20日朝」は交通の混乱に注意が必要です。一方で、美しい雪景色にも出会えるチャンス。お時間のある方は、ぜひ早起きをしてしっかりとした防寒対策で出かけてみてください。一般的に京都の雪景色は午前10時ころまでが綺麗で、以降は解けてしまうことが多いです。

雪の金閣雪の日は色彩が際立つため、朱色の社殿の建物がある上賀茂・下鴨神社、平安神宮などはたいへん美しいです。一方、南禅寺や相国寺などの禅寺は白黒の水墨画の様な風情になります。そして金色に輝く金閣寺の雪景色は京都ファン憧れの光景でしょう。朝9時の開門前から長蛇の列が伸びます。金閣は雪が止んで日差しが戻ると最高に綺麗ですが、どうでしょうか。注意が必要なのは枯山水の庭園。雪の量が多すぎると「ただの雪原」になります。砂紋の美麗さは「うっすら」の時に際立ちますので、雪の量を見極めて足を延ばしてみてください。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です