地蔵禅院のしだれ桜

地蔵禅院
京都の南、井手町にある地蔵禅院に咲く枝垂れ桜は、円山公園の祇園しだれ桜の叔父にあたる老木です。

地蔵禅院地蔵禅院は、JR奈良線で玉水の駅まで行き、そこからソメイヨシノが圧巻の玉川堤を進み、左(北側)に曲がっていくとあるお寺です。道中はなかなか坂が厳しいので、心づもりを持って行かれるとよいでしょう。ただ、辺りは長閑で、桜の開花期間には地元の名物や野菜や果物を販売している家もあります。

地蔵禅院高台にある地蔵禅院は景色が素晴らしく、南山城を広く望むことができます。そして高台から街を見下ろすように枝垂れ桜が咲き誇ります。地蔵禅院のしだれ桜は、享保12年(1727年)に植樹されたもので、280歳を超える老木です。親木同士が円山公園の「先代の祇園しだれ桜」と同じといわれ、現在の円山公園の祗園しだれ桜から見れば「叔父」に当たります。高台に咲くその見事な佇まいから、人気の高い桜の木。余談ですが、京都で老木のしだれ桜といえば、常照皇寺の九重桜があります。こちらは樹齢が600年以上です。

地蔵禅院25日に訪れた地蔵禅院は、ちょうど老木の桜が見ごろに入ってきたころでした。玉川沿いのソメイヨシノはまだチラホラと咲き始めた程度で、この老木は早咲きです。実は桜の時期に訪れるのは3回目ですが、これまではソメイヨシノの時期に来ていたので老木の見ごろはいずれも過ぎていました。今回は初めて見ごろに出逢うことができ、その姿に感動しました。桜に加えて黄色の菜の花も美しく、時おり差す日差しで照らされる様も見事でした。そして高台から桜を望めていると時が経つのを忘れてしまいそうになります。

地蔵禅院地蔵禅院は曹洞宗のお寺で、本尊は地蔵菩薩。創建の詳細は不明ですが、辺りに勢力を持った橘諸兄(たちばなのもろえ)によって創建されたと伝わります。桜は老木の雰囲気があり、通年の手入れが欠かせず、寄付金も募られています。多くの人々の支援によって今年も美しい花を咲かせてくれました。また、境内には大きなソメイヨシノの木もあり、こちらはこれから見事に咲き誇ります。また、老木の桜の子どもが参道途中に2本植えられていますが、こちらも樹齢は100年を超えています。それぞれ品のある佇まいで、私たちの目を楽しませてくれます。総じてソメイヨシノの時期がおすすめではありますが、老木の満開を見たい方は少し早めに足を延ばしてみてください。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です