清水寺の桜景色

清水寺
6日に、清水寺の夜間拝観へと足を延ばしてきました。

清水寺京都の桜は7日の雨でソメイヨシノから遅咲き桜へと見ごろが移りつつあります。平安神宮や二条城をはじめ、遅咲きの名所へと足を延ばすとよいでしょう。私の桜講座や雑誌等でもご紹介をしていますが、京都の桜はやみくもに巡るのではなく、早咲き遅咲きの場所を抑えて巡ると常に満開の桜を追いかけることができます。

清水寺さて、清水寺はソメイヨシノがメインで美しいお寺のひとつ。雨が降る前の6日に訪れてきました。轟門の修理も終わりつつあるようで工事のための覆いが外れ、久しぶりに三重塔も含めた境内を綺麗に見渡すことができました。清水寺は平成の大修理の最中で、まだこれから大トリの本堂の修理が舞っていますので、つかの間の光景かもしれません。

清水寺桜は本堂の周りよりも、拝観経路の最終盤の池の周りが最も綺麗です。三重塔を飾るように咲き誇る桜の姿に、外国の方々も足を止めて写真を撮っていました。拝観受付は9時まで、拝観終了は9時半です。今週末が見ごろの最後でしょう。お急ぎください。

清水寺
清水寺

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です