三千院の桜とシャクナゲ

三千院
先日、ご案内で大原の三千院を訪れました。桜に加え、早くも石楠花(シャクナゲ)が綺麗でした。

三千院三千院は四季折々にたいへん美しいお寺です。春は桜や石楠花、梅雨時には紫陽花や苔が綺麗で、秋には紅葉、冬には雪景色と、それぞれの時期に京都でも一級品の光景を見せてくれます。市街地から離れている分、私もしょっちゅう訪れることができませんので、毎回ワクワクしながら中に入っていくお寺でもあります。

三千院桜は入り口の門の内側のしだれ桜や、金色不動堂周辺が特に見事です。往生極楽院の前にも山桜があり、穏やかな美しさを見せていました。さらに境内の石楠花が本当に見事。客殿の南に広がる聚碧園(しゅうへきえん)では縁側に座って眺めることができ人気です。また、宸殿南側の有清園でも苔や新緑の緑の中で、優しい色合いの花を咲かせています。石楠花はこうして緑の中で咲く姿がよく似合っていると思います。

三千院石楠花は丸く咲いた様子が印象的ですが、その花をよく見るとツツジのような花が集まって丸い形となっています。実は石楠花はツツジの仲間で、よく似ているのも頷けます。三千院の石楠花はこれからますます花が増えて華やかになってくるでしょう。桜が過ぎても、石楠花に新緑と三千院はまだまだ綺麗です。

三千院
三千院

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です