妙心寺 大心院のキリシマツツジ

大心院 キリシマツツジ
妙心寺の大心院のキリシマツツジが咲いています。

大心院 キリシマツツジ妙心寺の大心院は、室町時代の文明11(1579)年に細川政元によって創建された寺院で、当初は上京にあり、現在妙顕寺の北付近に大心院町の名が残っています。天正年間に細川幽斎によって妙心寺に移され、江戸時代に蒲生氏郷の孫によって建立された方丈(本堂)の周りに枯山水の落ち着いて庭が連なっています。

大心院 キリシマツツジこの時期は方丈裏に咲く樹齢380年とも言われるキリシマツツジが綺麗です。この真っ赤な姿は新緑の美しくなる今の時期には特に目に鮮やか。こうした華やかな花が落ち着いた風情の禅寺にあるというのもまた魅力的です。ただ、大心院のキリシマツツジは近年衰えてきています。今年は花も葉もない枝のみになってしまった部分も出ています。年々気候が変化する中でも、江戸時代以来咲いてきたという木が弱って行くのはなんとも辛いのですが、今年も頑張って綺麗な花を咲かせていました。見ごろは終盤。眺めてみたいという方はお急ぎください!

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です