金戒光明寺の山門と初夏の紅葉

金戒光明寺
初夏の時期に赤くなるカエデがあります。逆光に透かすとその輝きは秋の紅葉そのものです。金戒光明寺の山門の周りにはこの赤いカエデが植わっています。

金戒光明寺初夏にも真っ赤に色づく紅葉の正体は、ノムラカエデ(野村楓)という種類のカエデ。この品種は一年中赤いわけではなく、初夏に真っ赤な葉が茂り、真夏にはやや緑色に変わって、また秋に真っ赤に紅葉します。ですので、真っ赤な紅葉を楽しむならば今の時期が最適。写真だけなら「秋の紅葉」と言われても信じてしまいそうな光景です。

金戒光明寺ノムラカエデは順光で見ると少しくすんだ赤色に見えますので、紅葉のように見るコツは逆光で日差しにかざすこと。ノムラカエデは意外と各地に植わっていますので、ぜひ太陽の日差しが明るい日に探してみてください。特に金戒光明寺の山門の周りに多く植わっていて、江戸時代の立派な門を見上げれば見事な「紅葉」が現れます。よければ足を延ばしてみてください。なお、私のFacebookの有料ページのトップ画像も、実は今の時期の金戒光明寺だったりします。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です