永観堂の新緑

永観堂
先日、まいまい京都さんのご案内で永観堂を訪れてきました。美しい新緑が境内を包んでいます。

永観堂永観堂は新緑の時期にも大変おすすめな場所。緑の時期は人が圧倒的に少なく、じっくりと見返り阿弥陀像に参拝をすることができ、エメラルドグリーンの緑に包まれる境内をゆっくりと散策することができます。約3000本ものカエデが彩る紅葉の秋は、寺宝展があるために拝観料は1000円ですが、今の時期は600円です。

永観堂山沿いを見れば、多宝塔の周りなどに椎(しい)の木の花や若葉が作り出す黄色の色彩も目立ちます。椎の木は京都の山沿いでアカマツの減少に伴って自然に増えてきた樹木で、この数十年で急激に拡大しているそう。急な植生の変化は問題にもなっています。また、山の近くではその独特の香りも気になるかもしれません。このモコモコとした山の眺めも新緑の時期ならではです。

永観堂永観堂の境内では赤い葉のノムラカエデ(野村楓)も目立ちます。このカエデは初夏に赤く、真夏にやや緑になり、晩秋には真っ赤に紅葉します。今の時期は、逆光で透かすと秋の紅葉と見まごうような色彩で写真に写りますので、試してみてください。永観堂の緑の中に点々と植わっている様子もまた目に鮮やか。新緑の永観堂も魅力がたっぷりです。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です