しょうざん 緑の風景

しょうざん
先日、鷹峯にあるしょうざんの花菖蒲をご紹介しましたが、今回は緑の風景を写真でご紹介します。

しょうざんしょうざんリゾートは、洛北の鷹峯(たかがみね)にあり、美しい日本庭園に加え、京料理などの食事処があり、ウェディングやボーリングもできる複合リゾートとして知られています。こちらの庭園は500円で入園ができますが、北山台杉と紀州青石が作り出す独特な空間美が印象的な美しいお庭です。市街地からすぐの立地ながら鷹峯の深い山に抱かれてとても静か。基本的に人は少なく、ゆっくりとお庭を巡ることができます。

しょうざん庭園でまず目を引くのは「台杉」です。少し細い丸太を取るために育てられてきたもので、室町時代の中ごろ、杉に「取り木」と呼ばれる台をつくり、そこから枝を垂直に伸ばして「立ち木」に仕立て、恒常的に磨丸太を生産する方法が考え出されました。近年はこうした細い丸太の需要が減っているようですが、台杉はその美しい木の形から観賞用として見かけることもあり、京都ではしょうざんのほか、龍安寺などでもその独特な姿を目にすることができます。

しょうざん台杉の間を抜けていくと、今度は紀州青石の巨石が並ぶ眺めへと変化を見せます。こちらも大いに石の存在感があり、木々や苔の緑が包む空間ともよく調和しています。さらにその先には小川が流れ心地よく、やがて視界が広がると鷹峯の山並みも望めます。そして花菖蒲が咲く池へと続き、様々な景観を楽しめることが魅力のひとつでしょう。花菖蒲はそろそろ終盤ですが、緑の風景もたいへんおすすめです。

しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん
しょうざん

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

吉村 晋弥気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です