涼しげな京都の滝

梅小路公園
今回は京都の滝の風景をご紹介します。

鳴滝山に囲まれた京都は、山沿いに滝があります。また、庭園にも小規模な滝が造営されている場所があり、探すと以外と「滝」と名が付くものが見つかります。法金剛院の青女の滝や大覚寺の名こその滝などは、枯れ滝ですので今回は除外し、水が流れている滝をピックアップしています。不動系や稲荷系の行場にも打たれるための滝がありますが、そちらも小規模なものは除外しました(有名な清水寺の音羽の滝は入れました)。一方で、堰堤でも涼しげな写真は載せています。

空也滝京都近郊で最も大きい滝は愛宕山麓の「空也滝」ではないでしょうか。月輪寺への登山道の付近から空也滝への分かれ道があります。愛宕山に登れる人ならば簡単に行くことができるでしょう。空也がこの場所を行場として開き、滝に打たれたというところから名付けられた空也滝。落差は約12mで水量も多く、夏はさぞ涼しいのではと思います。

音無しの滝もう少し観光地に近い場所にある滝では、大原の「音無しの滝」がよいでしょう。良忍(りょうにん)をはじめ、声明(しょうみょう:お経に音律を付けたもの)法師は、この滝に向かって声明の練習をしました。はじめは滝の音にかき消されてしまいますが、修練を積むに従って滝の音と声明の声が調和し、最後には滝の音が聞こえなくなって「音無し」になるといいます。声は出せば出すほど喉が鍛えられて声量が大きくなりますので、さもありなんという伝説です。滝の場所は、来迎院から山道を10分程歩くと行くことができます。

梅小路公園もっと手軽に行ける滝はないのか?と思った方は、梅小路公園がよいでしょう。滝は都会のオアシスとも呼べる「朱雀の庭」の中にあり、周辺では水族館や鉄道博物館など暑さをしのぎつつ楽しめるスポットもあります。有名寺院では金閣寺にある龍門の滝も、水しぶきと飛ばして涼しげ。他にもいくつかありますので、しばし暑さを忘れられそうな、滝の写真をお楽しみください。






















日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です