千日詣り 朝の下山

千日詣り
7月31日から8月1日朝にかけて行われた、愛宕神社の千日詣りに今年もチャレンジしてきました。今回は朝の風景をご紹介します。

愛宕山から愛宕山が1年で最も賑わう日と言ってもよいのが千日詣りでしょう。火伏せのご利益がある山頂の愛宕神社を目指して、多くの方々が海抜924mの愛宕山を登ります。昨年も登ってきましたが、今年はKBS京都の「京都・国宝浪漫」の取材で登ってまいりました。放送予定日は9月ですので、また近づきましたら告知をさせて頂きます。

愛宕山から明け方に下山をする際に、遠くの山並みに雲がたなびく様子が見えました。下りは足元が滑りやすく油断ができないため気疲れもしますが、ホッとさせてくれる眺めでした。5合目の少し上の辺りは景色がよく、朝の嵐山一帯を上から俯瞰するという滅多に見れない風景も目にすることができます。

清滝川清滝まで下山をすると、清滝川の流れが涼し気。清滝は蛍が飛ぶことでも知られる清流で、夏にはおすすめしたい場所。川沿いを歩いて高雄にも行くことができます。昨日のブログでご紹介をした空也滝へも、清滝からは歩いて行ける距離です。愛宕山登山は大変ですが清滝まではバスで行けますので、機会があれば足を延ばしてみてください。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です