夏の大原の風景

大原
先日、暑い日に大原を訪れました。

大原大原は京都の北にある山里で、市街地から1時間足らずの距離ながら、たいへんのどかな風景が広がる場所です。有名な三千院や寂光院などの観光寺院も集まっており、街中の喧騒とは一味違った京都観光を楽しむことができます。今回は、そういった場所からはさらに少し離れた辺りを散歩してみました。

大原野村別れのバス停から少し皆にへ行った道を東へ入った坂道の途中に、木で彫られた大原女(おはらめ)の彫刻があります。写真を撮ると大原の美しい山並みを背景に絵になります。その隣には笑顔のお地蔵様の彫刻も並んでいて、知る人ぞ知る大原の名物スポットでもあります。この道を登って行くと惟喬(これたか)親王の墓へと行けます。

大原 紫蘇畑また、大原は紫蘇が名物で、ところどころに紫蘇畑もあります。建礼門院が名づけたとも伝わる柴漬けの材料で、大原では紫蘇の製品がおみやげ物としても売られています。紫の色彩は緑の風景の中によく映えていました。歩くだけで非日常の光景に出会えて気分転換ができる大原の里。お時間があれば、地図を片手にお散歩も面白いでしょう。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です