台風18号の接近と秋の深まり

鴨川
台風18号が猛烈な勢力で沖縄県に接近し、その後九州北部から対馬海峡へと進みながら、5日にかけて東へと進む見込みです。

鴨川10月に入ってもまだまだ蒸し暑い日が続いています。2日の京都は31.0℃まで気温が上がりましたが、これは過去136年間で10月としては歴代6位の高温記録。平年よりも約6℃も高いという、異常な暑さでした。3日も大変蒸し暑く、10月らしさは全くありません。しかし現在北上中の台風18号が抜ける6日からは一気に秋の空気に覆われます。気温も下がりますが決定的に違うのは空気の質。カラッとした本格的な秋がようやくやってきてくれそうです。

上賀茂神社その台風18号は3日になって急発達し、3日22時で905hPa、中心付近の最大風速(10分平均)は60m/s、最大瞬間風速は85m/sの解析で、「猛烈な」勢力となっています。沖縄には「特別警報」が発表されましたが、沖縄での台風による特別警報の基準が910hPa以下、最大風速60m/s以上ですので、それに沿って発表されました。この台風は暴風が吹いている範囲が比較的狭いのが幸いではありますが、中心が最も接近しそうな「久米島」を中心に厳重な警戒が必要です。気象庁が「命にかかわる」ことを呼び掛ける最大限の情報ですので、ともかくも被害が少ないことを願います。

京都御所台風は沖縄付近を通過したのち、九州北部から対馬海峡で東へと向きを変えます。3日21時の予報では、5日夜に近畿に最接近となりますが、勢力は980hPaまで落としている予想となっています。日本海を進むか陸地に上陸するかによっても影響が大きく変わりますので、今後の最新情報にご注意ください。大きな被害が出ないまま、季節が10月らしくなってくれればと願うばかりです。

日々の京都情報を発信するFacebookグループを始めました!

  • Facebookのグループ機能を利用したページ内で、ブログでは未公開の写真や動画、私が眺めている日々の京都の風景や、行事の見学ノウハウなどを月額680円で公開中。詳細やお申込みはこちらから。運営をされているシナプスさん経由のお申込みとなります。

散策・講座のお知らせ

散策・講座等のご依頼はこちらから!お気軽にご連絡ください。

ガイドのご紹介
吉村 晋弥(よしむら しんや)

気象予報士として10年以上。第5回京都検定にて回の最年少で1級に合格。これまでに訪れた京都の観光スポットは400カ所以上。2011年秋は京都の紅葉約250カ所、2012年春は京都の桜約200カ所を巡る。自らの足で見て回ったものを紹介し、歴史だけでなくその日の天気も解説する。毎月第2水曜日にはKBS京都ラジオ「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に出演中。「京ごよみ手帳 2016」監修。特技はお箏の演奏。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です